概要

フランチャイズは、よく聞く経営用語の一種ですが、その意味を正確に理解していない人も多いのではないでしょうか?

おもに外食産業で使われていることが多いこのフランチャイズという言葉ですが、他の業界でも多いです。

フランチャイズとは端的に言えば、ある企業が自社のブランドの店舗を新たに出店しようとする際に、自社が直接それを経営するのではなく、他の事業者である個人事業主におもにブランドの使用権と運営のノウハウ、そして商品やサービスなどを一括で提供するかわり、売上の数%などの対価を求める事業形態のことを指します。

このフランチャイズ展開をしている業種としては、外食産業の中でもラーメン、弁当、そしてファストフード他、コンビニエンスストアを筆頭とした小売業、また、学習塾など多くの業種があります。

このフランチャイズを初めて導入した企業は、アメリカのファストフードチェ-ンです。

フランチャイズは、おもに短期間で多くの店舗を出店することを目的におこなわれています。

日本では現在、さまざまな業種を合わせて1200以上ものチェーンが、このフランチャイズを展開しています。
そして、だいたい個人の事業主に対して初期費用として500万円程度の出資を求めることが多いようです。

このフランチャイズは「ドミナント戦略」という経営上の戦略と、現代では切っても切れない関係にある制度です。
このドミナント戦略とは、ある地域にひとつのチェーンが集中して出店することで、これをスピーディーにおこなうためフランチャイズが求められるのです。


≪Special Link≫
貴金属買取店のフランチャイズに加盟できるサイトです→ フランチャイズ 加盟

Copyright © 2014 フランチャイズとは All Rights Reserved.